バリアフリー住宅・施設建築における「プロセス」の重要性2020.11.16

建築業界紙(新建新聞)になりますが、バリアフリー住宅・施設について1~3面を使った特集を掲載して頂きました。
 

 
私自身が障がい者として車いす生活をしているため、これまでの経験を活かした当社が提案するバリアフリー住宅・施設は業界の中においても特徴的であり、他とは違った視点でバリアフリーを提案してることが書かれています。
 

 
また、先日のTOTOホームページ掲載にも書かれていますが、バリアをフリーにするまでの「プロセス」が大切なことを唱えています。
TOTO掲載ユニバーサルstoryを紹介するページはこちら

 
バリアフリーはハード的にも、ソフト的にも特別なことではありません。
誰もが安心して暮らせる社会を目指し、これからもバリアフリー建築に関わっていきます。

阿部建設のバリアフリーを伝えるページはこちら

 


 
バリアフリー住宅を兼ねた「手しごとの家」モデルハウス(ホームエレベーター付 2階リビング)が名古屋市守山区にあります。ご興味がございましたら、ぜひご来場ください。コロナ対策のため、事前予約をお願いいたします。

この記事をシェアする

関連するブログ記事

ブログトップに戻る