未来の子どもたちのために!2021.01.13

名古屋市港区の南陽小学校で「もしも車いす生活になったのなら」と題した講演をさせて頂きました。
 

 
検温や消毒、換気、ソーシャルディスタンスなどのコロナ対策を行った上で、2クラスに分かれての開催でした。
 
名古屋市内の小学校や中学校、生涯福祉センターなど定期的に車いす建築士の視点で話をさせて頂いており、コロナ禍の中にあっても開催させて頂けたことを感謝しています。

毎回講演の途中にクイズなどを入れ、積極的に児童と話をする工夫をしています。
 

 
今回は更にドラマで採用された車いすシーンなどの映像を観てもらい、バリアフリーや車いすの理解が深まる工夫をしてみました。
 
→車いす建築士主人公のドラマ「パーフェクトワールド」はこちら。

 

未来を生きる子どもたちにとって、少しでも記憶に残る話をするべく、毎回工夫をして講演に臨んでいます。

この記事をシェアする

関連するブログ記事

ブログトップに戻る